日本フィギュアの歴史

「みどり1人の重圧」反省からジュニアの強化に

フィギュアはジャンプの時代に突入する。88年カルガリー五輪を終えると、5種類の3回転ジャンプは、もう伊藤みどり(48)だけの武器ではなくなった。「同じことをしては勝てない。トリプルアクセル(3回転半)をやるしかない」。中学時代に一時封印した、女子初の大技に再挑戦する。

手本は88年カルガリー五輪後のアイスショーで共演した現在、羽生のコーチを務めるブライアン・オーサー(カナダ)ら男子トップ選手。帰国後も映像を繰り返し見て、スピードを出し、高く遠くに飛び出すようなイメージを植え付けた。苦しい練習に、五輪後は引退と、近しい人に話したこともあった。だが、3回転半への衝動が、そんな考えを吹っ飛ばした。

練習では中学3年時に3回転半を成功させている。難なく自分の武器にすると、88年11月のNHK杯などの国内大会で立て続けに決めた。翌89年3月の世界選手権(フランス)。陣営には3回転半を回避する安全策を勧める声もあった。「失敗してもいいから、3回転半を跳ぶ」。本番では完璧に成功させて優勝。アジア人初の世界選手権制覇を実現した。

90年には苦手の規定が廃止。「みどりの時代」と話題になったが、本人にとっては決して追い風ではなかった。「当たり前のようにショート(プログラム)から上位にいかなければと思っただけで、すごいプレッシャーだった」。20歳を超え、膝、足首などのケガも増えた。「精神的に追い詰められた。やめたい、やりたくないばかり言っていた」。試行錯誤を乗り越え、92年アルベールビル五輪のシーズンを迎えた。


92年2月、アルベールビル五輪フィギュア女子シングルで銀メダルを獲得した伊藤みどりの演技
92年2月、アルベールビル五輪フィギュア女子シングルで銀メダルを獲得した伊藤みどりの演技

「五輪で3回転半を決めて、絶対メダルを取る」。強い覚悟と集中力で、前哨戦はほぼパーフェクトに3回転半を成功させる。絶好調を維持して現地に入ったはずだったが、まさかの異常事態が起こる。2月19日、ショートプログラム(SP)当日の朝練習。今まで完璧だった3回転半が突然決まらなくなる。「肩に力が入った。ジャンプする時間は1秒もない。微妙なタイミングの違いで失敗する」。重圧から絶不調に陥った。SPの3回転半は回避。3回転ルッツへの変更を決断する。安全策のはずが、本番では、その3回転ルッツで転倒。4位と出遅れる。「もう(日本に)帰りたかった」。追い込まれたまま、同21日のフリーに逆転をかけた。

冒頭の連続3回転。最初の3回転ルッツが2回転になる。続く勝負の3回転半も転倒。「どうしよう。メダルを取れなかったら。みんなに期待されている。自分もメダルを取りたいのに」。あとがない崖っぷちの中、次の3回転フリップは辛うじて成功。「ここでやっと気持ちがリセットされた」と、負の連鎖を止めたことが転機になった。

演技は後半に入る。3分すぎの5番目の3回転は、前半に失敗した3回転ルッツか3回転半か、2つの選択肢があった。「悔いは残したくない。チャンスがあるなら挑戦しよう」。瞬時の判断で3回転半に挑む。高さも回転も十分。着氷も完璧に決めて五輪史上初の快挙を達成。その後も力強い演技で会場を沸かす。演技後は満面の笑みで観衆に手を振った。銀メダル。日本勢初の五輪メダルとなった。

「世界中の人が(3回転半の成功に)びっくりしたと思うけど、自分が一番びっくりした」。1度失敗しながらも、不屈の闘志で再挑戦。「3回転半に挑戦して滑りきったことで満足感でいっぱいだった」。2カ月後に引退を決意した。

天才はリンクを去った。日本スケート連盟は伊藤1人に重圧を背負わせ、苦しめたことを反省。アルベールビル五輪の半年後、全国の有望な小学生を集めた合宿を始める。それが今のような隆盛期の原点になる。(敬称略=つづく)(2017年11月25日紙面から。年齢は掲載当時)

欧米中心に発展したフィギュアスケート。近年の浅田、羽生、宇野ら日本勢が隆盛を誇るまでには、長い苦難の道程があった。日本フィギュアの足跡をたどる。

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング