大坂Vに国内もフィーバー 凱旋試合プラチナ化必至

  • FacebookMessenger
  • TL

テニスの全米オープンで、日本人初の4大大会シングルス女王となった大坂なおみ(20=日清食品)は、一夜明けたこの日、日本を含めた世界各国の取材に追われた。純白のワンピースに身を包み、女王恒例の摩天楼での撮影会から、日米のテレビ局出演まで、ハードな日程をこなした。10日に発表された最新世界ランキングは世界7位となり、日本女子では伊達公子の4位に次ぐ歴代2位となった。

大坂の帰国を待つように、日本でもフィーバーが続いている。スポンサーや関係者は対応に追われた。

◆所属先の日清食品 大坂をパッケージにした優勝記念カップヌードルの販売を検討。実現すれば14年全米OP準Vの錦織以来。特別ボーナスも支給予定。

◆8月26日にブランドアンバサダー契約を結んだ時計メーカーのシチズン 大坂が今大会の試合中に使用したモデル(税込み8万6400円)が、今月14日発売。広報担当者は「問い合わせの数に驚いています」。

◆ラケット 大坂が使用するラケットは特注ではなく市販品。08年から用具を提供するヨネックスには発注が相次いでいる。同社宣伝広報課は「大坂選手に興味を持って、新しくテニスを始める人が出てきてくれれば」と期待した。

◆凱旋試合となる東レ・パンパシフィック・オープン 事務局には朝から問い合わせが続いた。有明コロシアムが改修中のため使用できず、今年は約2700席(有明の約3分の1)の立川立飛アリーナが会場。シングルス準決勝、決勝が行われる22日、23日のチケットはプラチナ化する可能性も。準々決勝以降の計15席は、立川市のふるさと納税の返礼品に指定されていた。当初は申し込みが少なかったが、10日に品切れ。

このニュースの写真

  • 全米オープン制覇から一夜明け、マンハッタンのビル群を背にさわやかな表情で記念写真に納まる大坂(撮影・菅敏)
  • FacebookMessenger
  • TL