中田監督は19歳の関に期待「どれだけ通用するか」

バレーボール女子日本代表を率いる3年目の中田久美監督(53)が24日、社会人2年目の正セッター取りに期待した。

24日、都内で会見し、注目選手に19歳の関菜々巳(東レ)を挙げた。Vリーグでレギュラーの座を守り、チームの準優勝に貢献した関について「どれだけ世界に通用するかを見たい」と語った。

たくさんの先輩の中でも緊張しないという強心臓の関は「同じチームの黒後さんを見てトップレベルでやりたいと思った。今の自分に満足せずに全日本で少しでも長くプレーしたい」と決意を語った。

その他の写真

  • 2019年度始動会見を終えバレーボール女子日本代表初選出の石川(手前右)らと談笑する中田監督(後方右)。同左は鍋谷(撮影・足立雅史)
  • 練習中、代表初選出の関(左)に声をかける中田監督(撮影・足立雅史)