Bリーグ大阪安井代表が感染者名公表しない理由語る

バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)大阪は8日、新たに3選手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。チーム内での感染確認は計8人(選手7人、チーム関係者1人)となった。

オンラインで会見した安井直樹代表は、プライバシー保護を理由に氏名を公表していない点について「当然、いろいろなところからお声はいただいております。大前提として個人のプライバシーの権利は法的に守らないといけない。とはいえ、公表している(他競技の)スポーツチームもあるというのは、当然理解しています」と見解を語った。

大阪は今月1日にBリーグで初めて陽性判定を受けた1選手と、2日の記者会見前に話し合いを実施。その結果、氏名公表について同意が得られなかった。以降に感染が判明した選手、関係者計7人については、公表の意思確認を取っていないといい「統一して、現状としては出さない」とチームのスタンスを定めた。

一方で8日にも3選手がPCR検査を実施し、以降も選手、関係者らが検査を受ける予定でいる。安井代表は今後の対応について「まずいったん(氏名を)出さずにいきたいと思っています。感染経路等も不明なので、それらが全て分かった後に、改めて、各陽性者と、どうしていくかは話し合いの場を持ちたいと考えております。接触も遠隔でないとできない。1度顔を合わせてから、どうするか話していきたいと考えております」と説明した。【松本航】