大橋悠依400個メ予選全体2位 トップは清水咲子

<競泳:北島康介杯>◇第2日◇23日◇東京辰巳国際水泳場◇女子400メートル個人メドレー予選

19年世界選手権銅メダルの大橋悠依(25=イトマン東進)が、予選3組に出場した。前半の200メートルを2分15秒14で折り返し、4分45秒60の同組トップでフィニッシュ。全体2位で午後の決勝に進出した。大橋が持つ日本記録は4分30秒82。

大橋は昨年12月の日本選手権を体調不良で欠場。新年初レースの今大会が仕切り直しの試合となる。

予選全体のトップは4分40秒58の清水咲子だった。