リーチ「日本に恩返し」消えなかった代表への思い

<ラグビーワールドカップ(W杯):日本30-10ロシア>◇1次リーグA組◇20日◇味の素スタジアム

2大会連続で主将を務めるフランカーのリーチ・マイケル(30=東芝)が独特の雰囲気に包まれた開幕戦で、チームを勝利に導いた。強烈なタックル、ボール争奪戦での落ち着いたプレーで8強入りを目指すチームをけん引した。来日して15年。「日本で育った」と語る大黒柱が、3度目のW杯で、桜のジャージーへの思いをプレーに込める。

このニュースの写真

  • 後半、タックルするフランカー・リーチ(右)(撮影・鈴木みどり)
前へ 1 2 次へ