大串重幸が機敏なレースを見せてくれそうだ。

「66」は今節複数登場している好調機のひとつ。特筆すべきはターン回りの威力で、前回使用者の日笠勝弘も展開を自在に突けるパワーを見せた。

「乗っている感じは嫌いじゃない。かかりはいい。直線は分からない」。今節も前検から回り足に関しては一定の手応えをにじませた。

さらに調整を煮詰めて、存在感を見せる。

【徳山ボート・ニッカンAI予想&直前レース予想】無料公開中!ここを押してチェック