清水敦揮(42=岡山)が逆転でドリーム戦を制した。

7Rは2コースから差して2着を確保。12R1枠で満を持して臨んだイン戦だったが、3コース寺田千恵のまくり差しに遭ってバックで並走。それでも2Mで外を全速ターンして、何とか振り切った。「外周りをやって、もう少し手前に持ってきたい」。まだまだ調整は続くがシリーズリーダーとして、さらに舟足の上積みを図る。