日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

ブラックヒル貫禄12秒1/マイラーズC

秋山騎手を背にCウッドで追い切られるカレンブラックヒル
秋山騎手を背にCウッドで追い切られるカレンブラックヒル

<マイラーズC:追い切り>

 堂々たる風格だ。芝マイル4戦4勝のカレンブラックヒル(牡4、平田)が17日、マイラーズC(G2、芝1600メートル、21日=京都)に向けて栗東で追い切られた。秋山真一郎騎手(34)を背に馬なりのままCウッド6ハロン83秒6-12秒1でハーデス(3歳500万)に首差先着。心身とも余裕たっぷりで、平田修調教師(52)も「満点に近い」と手放しでたたえた。

 オレンジ色の馬具が映える黒鹿毛の馬体をリズム良く弾ませ、カレンブラックヒルが外ラチ沿いを突き進んだ。4馬身ほど前方にいた僚馬を目標に馬なりのまま加速。並ぶ間もなく首差でかわしてフィニッシュした。ラスト1ハロン12秒1。さすがの脚力だ。秋山は「やればやっただけ動く。いいと思いますよ」と笑みを浮かべた。平田師も「先週、長めにやってるから、今週はきっちりやらなくてもいい。満点に近い追い切り」と太鼓判を押した。

 心身ともに余裕がある。そこがいい。トレーナーによれば、現在の馬体重は480キロ超。レースに向けて自分で体をつくるタイプで、おつりを残して仕上げてある。精神面でも落ち着きが出てきた。平田師は「ずいぶん、おとなしくなった印象。ナーバスになってない」と目を細める。4歳となり、G1馬にふさわしい風格と貫禄を身につけた。

 復権を誓う。前走はダート未経験でフェブラリーSに挑戦したが、1番人気で15着に沈んだ。指揮官は「自分の競馬ができなかった。今回は一番合った条件。初めての58キロだけど、これから背負ってく重量だし、克服してくれると思う。前走を払拭(ふっしょく)する走りを」と自信をのぞかせた。芝のマイル戦は過去4戦4勝。主戦騎手は「いい形で(G1へ)行きたい。(同型馬は)気にならない。行きたい馬は行くでしょうし」と泰然自若に構える。今春は次走の安田記念と2戦の予定。最高の舞台で最強の走りを見せる。【太田尚樹】

 [2013年4月18日8時59分 紙面から]

PR情報



  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞