清水エスパルスFWチアゴ・アウベス(24)の次節リーグ戦アウェー北海道コンサドーレ札幌戦(7月1日)の出場が微妙になった。27日、チームは清水三保グラウンドで練習を再開。チアゴはクラブハウスを訪れたが、グラウンドには姿を現さず別メニュー調整した。

 前節ホーム・ヴァンフォーレ甲府戦(25日・1-0)の後半20分、スルーパスに反応して抜け出した際に左足首を負傷。直後に交代で退き、試合後は患部をテーピングで固めて帰路についた。現在13位の清水にとって、降格圏内16位の札幌は絶対に勝利したい相手。リーグ戦7試合連続先発中で、4得点のチアゴが欠場となれば大きな痛手だ。小林伸二監督(56)は「(左足首の)内側に痛みがあるが、試合の後から徐々に取れていると聞いている。腫れは無いので、あと4日で様子を見たい」と慎重だった。【保坂恭子】