2008年以来、16年ぶりのJ1昇格を目指すJ2東京ヴェルディが2-1でジェフユナイテッド市原・千葉に競り勝った。来月2日に清水エスパルスと対する昇格プレーオフ決勝(国立競技場)へコマを進めた。

立ち上がりは千葉に押されていたが、前半18分の相手FW呉屋大翔のフリーのシュートをGKマテウスが好セーブで防いで流れを引き寄せた。

同34分に中央の混戦で森田晃樹主将からのボールを受けた中原輝が左足シュート。これがゴール右下へ決まり、東京Vが先制した。C大阪から期限付き移籍中の中原は、これでレギュラーシーズン終盤からの5試合で4ゴール。チームに欠かせない選手となっている。

さらに同44分にはカウンターから、左サイド斎藤功佑のクロスをゴール前へ走り込んだ森田が頭で合わせて2点目をマークした。

東京Vは後半33分に相手FW小森飛絢に1点を奪われ、その後も劣勢に立たされた。だが試合終了間際のマテウスのスーパーセーブなど、城福浩監督がここまで築き上げてきた必死の守備で何とか2-1で逃げ切り。2万5150人のファンを集めた大一番に勝利した。

【動画】東京Vプレーオフ決勝進出!16年ぶりJ1復帰へあと「1」城福監督も勝利の瞬間ほえた