第102回全国高校サッカー選手権が12月28日に開幕する。2年ぶり14度目出場の静岡学園は、29日の1回戦で明徳義塾(高知)と対戦(埼玉・浦和駒場スタジアム、午後0時5分)。日刊スポーツ静岡版では「静岡学園 4年ぶりの全国制覇へ」と題して、チームの顔触れを連載する。

   ◇   ◇   ◇

FW庄大空(3年)は新たな得点源として期待されている。県選手権では藤枝東との決勝で先制点を挙げるなど、4試合で3得点。大会直前にAチーム入りし、エース級の活躍を見せた。庄は「数週間前の自分がこうなるとは想像もできなかった」。自身も驚く成長スピードで主力の仲間入りを果たし、先発定着が新たな目標に変わった。

県選手権はケガで離脱していたFW神田奏真(3年)の代役としてチャンスをつかんだ。神田は中学時代のチームメート。来季のJ1川崎F入りが内定している絶対的エースと比較されることも少なくない。それでも、「プレースタイルは違うし、自分は自分のよさを出したい」。武器は切れ味鋭いドリブル。170センチと小柄だが、ゴールをこじ開ける突破力がある。

2019年の青森山田との決勝は現地で観戦。個人技主体の鮮やかなサッカーで全国制覇を成し遂げた快挙を見て、同校への進学を決意した。現在は左手の甲を負傷して先発を外れているが、全体練習には合流している。再びのレギュラー争いは覚悟の上で「自分の特徴をアピールして、もう1回スタメンに戻りたい」。1度つかんだ先発定着のチャンスを逃すつもりはない。【神谷亮磨】

 

◆庄大空(しょう・はるく)2005年(平17)10月14日、大阪府生まれ。小4からFORTE FCでサッカーを始め、中学時代は大阪東淀川FCでプレー。家族は両親、妹3人。170センチ、58キロ。右利き。血液型B。