第102回全国高校サッカー選手権が12月28日に開幕する。2年ぶり14度目出場の静岡学園は、29日の1回戦で明徳義塾(高知)と対戦(埼玉・浦和駒場スタジアム、午後0時5分)。日刊スポーツ静岡版では「静岡学園 4年ぶりの全国制覇へ」と題して、チームの顔触れを連載する。

    ◇   ◇   ◇

MF大平青空(はる、3年)は、試合の流れを変えるスーパーサブを目指している。「走力はチームで1番」と自信を持つ大平は、チーム練習の10分間走で毎回トップを走破。体力テストのシャトルランでは満点の125回を、余裕を持って達成できるほどだ。その豊富な運動量を武器にプレミアリーグ10試合に途中出場。後半20分過ぎから、相手をスピードで制圧し2得点を挙げた。

中学までは地元奈良でプレー。大平は「毎日のサッカーが楽しかった。来てよかった」と、静岡での2年半を笑顔で振り返った。さらに自身の成長を「メンタル面。ミスをしても声を出し、コントロールできるようになった」。その要因を問うと「最高の仲間に恵まれたから」と即答した。

自身初となる全国舞台では、流れを変える切り札として期待される大平は「ゴールに絡むプレーで、全国制覇に貢献したい」と意気込んだ。

 

◆大平青空(おおひら・はる)2005年(平17)4月22日、奈良県生まれ。6歳からディアブロッサ高田FCでサッカーを始め、中学時代までプレー。家族は両親、兄。168センチ、58キロ。右利き。血液型AB。