早大は2区で太田がチームを2位へと引き上げた。「とにかく集団について行こうとした」。最後にスパートをかけ、1区の6位から4人を抜く力走を見せた。

しかし3区以降の選手がずるずると後退し、シード権ぎりぎりの9位に転落、悔しい往路となった。