国際スケート連盟(ISU)は13日、22年2月に行われる北京冬季五輪のフィギュアスケート団体戦における有資格国を発表した。初のメダル獲得を目指す日本は4番手で資格を得た。

10カ国が参加する団体戦は男女シングル、ペア、アイスダンスの4種目うち、最低3種目で五輪出場枠を持っていることが求められる。その上でポイントで順位付けされ、上位10カ国に資格が与えられた。

日本は初採用となった14年ソチ五輪、18年平昌五輪でともに5位。ペア、アイスダンスのカップル競技で強化が進んでおり、初のメダル獲得が期待されている。

出場有資格国は以下の通り。

〈1〉ロシア(5947点)

〈2〉米国(5209点)

〈3〉カナダ(3949点)

〈4〉日本(3830点)

〈5〉中国(2809点)

〈6〉イタリア(2774点)

〈7〉ドイツ(1480点)

〈8〉ジョージア(1472点)

〈9〉チェコ(1137点)

〈10〉ウクライナ(893点)