日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

佐々木が2位、川内は4位/マラソン詳細

4位でゴールする川内(撮影・今中雄樹)
4位でゴールする川内(撮影・今中雄樹)

<びわ湖毎日マラソン>◇2日◇滋賀・大津市皇子山陸上競技場発着(42・195キロ)

 バズ・ウォルク(エチオピア)が2時間9分10秒で優勝した。佐々木悟(旭化成)が最後に粘りを見せ、2時間9分47秒で2位。川内優輝(埼玉県庁)は2時間10分38秒で4位だった。

1位 バズ・ウォルク(エチオピア)2時間9分10秒
2位 佐々木悟(旭化成)2時間9分47秒
3位 ビンセント・キプルト(ケニア)2時間9分54秒
4位 川内優輝(埼玉県庁)2時間10分38秒
5位 福山良祐(Honda)2時間11分18秒
【ゴール=2時間9分10秒】

 ウォルクが優勝。佐々木が競技場に入ってキプルトを抜き、2時間9分47秒で2位と粘った。

 川内が2時間10分38秒で4位となった。

【40キロ=通過タイム2時間2分25秒】

 先頭はキプルト、ウォルクの2人。

 40キロをすぎてウォルクがスパートして先頭に立った。3位に佐々木、4位に川内。

【35キロ=通過タイム1時間46分19秒】

 先頭はキプルト、ウォルク、佐々木。

 35キロをすぎて佐々木がスパートしたが、キプルトがついていく。先頭はキプルト、佐々木が背後につけている。

 36キロでウォルクが追いついた。先頭はキプルト、佐々木、ウォルクの3人となった。約500メートル差で川内が4位に浮上してきた。

 38キロで佐々木がキプルト、ウォルクから遅れはじめた。

【30キロ=通過タイム1時間30分29秒】

 先頭はキプルト(ケニア)とウォルク(エチオピア)。3位にやや遅れてラシド(カタール)。4位に3秒遅れで佐々木悟(旭化成)がつけている。

 川内は先頭から51秒遅れの7位で粘りを見せている。

 佐々木が盛り返し、33・1キロで先頭に追いついた。先頭はキプルト、ウォルク、佐々木の3人。

 34キロでキプルトの足がもつれて転倒しそうになり、佐々木も引っ掛かりそうになったが、大事には至らなかった。

【25キロ=通過タイム1時間15分13秒】

 先頭集団は13人。川内は遅れた。

【20キロ=通過タイム1時間4秒】

 川内ら先頭集団は17人。川内は苦しい表情を見せている。

 22キロで川内は顔をしかめ、集団の後方に下がった。苦しげな様子。スポンジを取って足などを濡らした。

 22・8キロで川内が先頭集団から遅れはじめた。

【15キロ=通過タイム45分17秒】

 川内ら先頭集団は28人。川内は16キロすぎの給水ボトルを取った。

 川内は17キロすぎ、スポンジを手に取った。

【10キロ=通過タイム30分7秒】

 ややペースが上がった。川内が先頭集団の前方に再び上がってきた。集団は40人と縦長になった。

 11キロの給水で川内は自分のボトルを取れず、水のコップを手に取った。

 午後1時で、気温は12・5度に上がった。

【5キロ=通過タイム15分10秒】

 先頭は62人の大集団。川内は前方に位置している。

 川内は5キロすぎの給水ボトルをしっかり取った。7キロすぎではスポンジを取ろうとしたがうまくいかず、首をかしげた。日差しがある分、選手は暑さを感じている様子だ。

 川内は8キロすぎ、先頭集団の中盤に位置を下げた。

 期待を受けていた佐野広明(ホンダ)が8キロすぎ、先頭集団から遅れはじめた。

※記録は速報値

【スタート】

 選手が一斉にスタートした。

 気温は10・3度、湿度74%、南南西の風1・6メートル。天気は晴れてきた。

<主な招待選手>

番号 選手名 年齢 国・所属 自己ベスト

32 川内 優輝(26)(埼玉県庁)2時間8分14秒

34 佐野 広明(26)(ホンダ)2・10・29

38 尾田 賢典(33)(トヨタ自動車)2・9・3

1  ビンセント・キプルト(26)(ケニア)2・5・13

2  バズ・ウォルク(23)(エチオピア)2・5・25

3  ジェームス・ムワンギ(29)(ケニア)2・8・38

4  ハフィド・シャニ(28)(モロッコ)2・9・11

5  エサイスマイル・ラシド(27)(カタール)2・9・22

31 ジョセフ・ギタウ(26)(JFEスチール)2・9・0

 [2014年3月2日16時32分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞