日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

大阪が3年ぶりV/都道府県女子駅伝詳細

<全国都道府県対抗女子駅伝>◇11日◇京都・西京極陸上競技場発着(9区間=42・195キロ)

 全国都道府県対抗女子駅伝は12時半スタート。大阪が京都との大接戦を制し3年ぶり3度目の優勝を果たした。


【1区=6キロ】

最初の1キロは3分18秒。まだ飛び出す選手はいない

1・5キロ通過。和歌山、鳥取が大集団から遅れ始めた

2・3キロ付近。前回優勝の京都などが集団の中で転倒

3キロ通過。山口が先頭で集団を引っ張る

4キロ通過。集団は縦長に。上位候補の群馬、大阪がやや遅れ始める

5キロ通過。先頭集団は6人。山口、静岡、兵庫など

残り1キロで静岡・安藤がスパート。2位鹿児島に3秒差を付けてタスキリレー

第1中継所で兵庫1区坂井田歩(右)からたすきを受け取る2区岩出玲亜(撮影・清水貴仁)
静岡1区の安藤(左から3人目)から笑顔でたすきを受け取る2区の三郷(撮影・清水貴仁)

【1区】

(1)静岡

(2)鹿児島

(3)山口

(4)山梨

(5)兵庫

(6)岡山

(7)愛知

(8)熊本

(9)埼玉

(10)京都


【2区=4キロ】

1キロ通過。山口、鹿児島が1位に。静岡は後退

1・5キロ通過。愛知がトップに

2・8キロ通過。1位は愛知と鹿児島に

3・7キロ。愛知がスパート

4キロ。愛知が1位でタスキリレー。ほとんど差がなく2位鹿児島。3位に兵庫

都道府県対抗女子駅伝

【2区】

(1)愛知

(2)鹿児島

(3)兵庫

(4)山梨

(5)埼玉

(6)京都

(7)大阪

(8)山口

(9)熊本

(10)千葉


【3区=3キロ(中学生区間)】

1・5キロ通過。愛知が鹿児島を離し独走

都道府県対抗女子駅伝

3キロ。愛知が大阪を12秒離してタスキリレー。大阪は中学生の妹から高校生の姉へタスキリレー

【3区】

(1)愛知

(2)大阪

(3)鹿児島

(4)兵庫

(5)京都

(6)埼玉

(7)熊本

(8)山口

(9)山梨

(10)群馬


【4区=4キロ】

1キロ通過。2位大阪が1位愛知に追いつく

3キロ通過。大阪、愛知が並んで通過も3位グループが迫る

3・5キロ。大阪が後退。愛知に兵庫、埼玉が並んで1位グループに

兵庫がスパートしトップでタスキリレー。2位埼玉、3位愛知。大阪は6位後退

【4区】

(1)兵庫

(2)埼玉

(3)愛知

(4)鹿児島

(5)京都

(6)大阪

(7)群馬

(8)静岡

(9)山梨

(10)熊本


【5区=4・1075キロ】

1・1キロ。埼玉が兵庫を抜きトップに立つ

1・7キロ。兵庫が再び首位に

2・7キロ。兵庫がスパート。埼玉を突き離す

中継点。最後は兵庫、埼玉、京都がほとんど並んでタスキリレー

【5区】

(1)兵庫

(2)埼玉

(3)京都

(4)愛知

(5)鹿児島

(6)大阪

(7)山梨

(8)静岡

(9)熊本

(10)群馬


【6区=4・0875キロ】

2・5キロ。兵庫、埼玉、京都が並んで通過

残り600メートルで京都が先頭に立つ。埼玉2位、兵庫は3位後退

中継点。京都がトップでタスキリレー。6秒遅れて2位埼玉

【6区】

(1)京都

(2)埼玉

(3)鹿児島

(4)兵庫

(5)大阪

(6)愛知

(7)山梨

(8)群馬

(9)静岡

(10)千葉


【7区=4キロ】

2キロ。京都は39歳ベテラン小崎がトップを守って通過

中継点。京都は39歳小崎から中学生の村尾にタスキリレー。2位大阪に7秒差

【7区】

(1)京都

(2)大阪

(3)鹿児島

(4)埼玉

(5)愛知

(6)兵庫

(7)静岡

(8)群馬

(9)山梨

(10)千葉


【8区=3キロ(中学生区間)】

鹿児島がすぐに京都に追いつき並走。大阪も加わり3チームがトップに

1・5キロ。鹿児島、京都が並んで通過。大阪が3秒差で3位

残り800メートルで京都が再び先頭に立つ

中継点。京都が1位でタスキリレー。5秒差で2位鹿児島。3位は大阪

【8区】

(1)京都

(2)鹿児島

(3)大阪

(4)兵庫

(5)埼玉

(6)愛知

(7)群馬

(8)静岡

(9)山梨

(10)熊本


【9区=10キロ】


3キロ通過。1位京都、7秒差で2位大阪

4・2キロ。大阪が京都を抜きトップに立つ。そのまま並走

7キロ通過。大阪と京都が依然並走

8キロ通過。依然大阪と京都が並走も後ろに兵庫が迫ってきた

9キロ通過。依然大阪と京都の激しい首位争い

トラックに戻ってきても先頭で併走する大阪アンカー松田(左)と京都アンカー奥野

大阪と京都が並んでトラックへ。残り100メートルを切って大阪が京都を振り切りゴール。3年ぶり3度目の優勝を果たした

胸の「大阪」のマークを指さしながらゴールに飛び込む大阪アンカー松田(撮影・清水貴仁)
優勝しお立ち台に上がる大阪の岡本監督(左)とアンカー松田(撮影・清水貴仁)

【最終順位】

(1)大阪

(2)京都

(3)兵庫

(4)愛知

(5)鹿児島

(6)群馬

(7)埼玉

(8)熊本

(9)静岡

(10)大分

(11)山梨

(12)長崎

(13)千葉

(14)神奈川

(15)福岡

(16)長野

(17)東京

(18)岡山

(19)茨城

(20)栃木

(21)山口

(22)秋田

(23)北海道

(24)山形

(25)愛媛

(26)佐賀

(27)三重

(28)広島

(29)徳島

(30)滋賀

(31)福島

(32)岐阜

(33)石川

(34)青森

(35)宮崎

(36)宮城

(37)新潟

(38)岩手

(39)福井

(40)奈良

(41)島根

(42)高知

(43)沖縄

(44)和歌山

(45)鳥取

(46)香川

(47)富山



 [2015年1月11日16時43分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞