日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 結果
  4. 出場チーム
  5. コース
  6. 歴代優勝
  7. 地区大会
  8. 大会展望
  9. 概要&テレビ放送
  10. 注目選手インタビュー

コニカミノルタが5年ぶりV/駅伝詳細

<全日本実業団対抗駅伝>◇1日◇群馬県庁前発着(7区間100キロ)◇37チーム

 コニカミノルタが5年ぶり7度目の優勝を果たした。「山の神」として箱根駅伝を沸かせた富士通の柏原竜二(東洋大)は6区を走り区間4位だった。

<1区=12・3キロ>

 群馬県庁前をスタート。トヨタ自動車の宮脇が飛び出す。旭化成の大西がピタリ追走し1キロをハイペースで通過。3キロ通過。宮脇と大西が他のチームを50メートル以上離す。5キロ通過は14分10秒で宮脇と大西。約25秒遅れて3位集団。7キロ過ぎ、宮脇が大西を突き放し単独1位に。10キロ通過。トヨタの宮脇が28分23秒で1位通過。10秒遅れて旭化成の大西。

 トヨタ自動車の宮脇は34分48秒でたすきリレー。28秒遅れて2位旭化成の大西。そこから3秒遅れて三菱重工長崎などが続々とたすきリレーした。コニカミノルタは14位、日清食品Gは31位と出遅れた。

1位 トヨタ自動車(宮脇千博)

2位 旭化成(大西智也)

3位 三菱重工長崎(木滑良)

4位 カネボウ(棟方雄己)

5位 マツダ(松岡紘司)

6位 JFEスチール(高瀬泰一)

7位 トヨタ紡織(塩田好彬)

8位 トーエネック(井上裕彬)

9位 大塚製薬(三岡大樹)

10位 愛三工業(阿宗高広)

<2区=8・3キロ>

 トヨタ自動車のジョン・ツォーは5キロを13分38秒で通過。しかしトヨタ紡織が猛追。何とかトヨタ自動車が逃げ切って1位でたすきリレー。2秒差で2位トヨタ紡織。

1位 トヨタ自動車(ジョン・ツォー)

2位 トヨタ紡織(パトリック・ムトゥンガ)

3位 日立物流グループ(ジョナサン・ディク)

4位 NTN(エドワード・ワウエル)

5位 安川電機(アレム・デスタ)

6位 八千代工業(ザウデ・ミリオン)

7位 SUBARU(ランガット・クレメント)

8位 愛三工業(パトリック・ムワカ)

9位 九電工(ポール・タヌイ)

10位 YKK(アレックス・ムワンギ)

<3区=13・6キロ>

 3・6キロ過ぎ、2位トヨタ紡織の山本が1位トヨタ自動車の高林をとらえ、トップに立つ。6キロ付近で2位に安川電機が浮上。8キロ過ぎでは旭化成の深津が11人抜きで4位に浮上。旭化成はさらにコニカミノルタも抜き3位に。

 トヨタ紡織が1位でたすきリレー。ほとんど差がない状態で2位安川電機。13秒遅れて3位は旭化成。トヨタ自動車は12位に後退した。

1位 トヨタ紡織(山本芳弘)

2位 安川電機(北島寿典)

3位 旭化成(深津卓也)

4位 コニカミノルタ(野口拓也)

5位 カネボウ(清水大輔)

6位 NTN(山下洸)

7位 日立物流グループ(筱嵜昌道)

8位 Honda(馬場圭太)

9位 YKK(樋本芳弘)

10位 SUBARU(阿久津圭司)

<4区=22キロ>

 最長区間。安川電機はロンドン五輪マラソン6位の中本健太郎。トヨタ紡織の椎谷と並走。3位は旭化成。堀端が追いかける。10キロ通過。1位はトヨタ紡織と安川電機が並走。14秒遅れて3位コニカミノルタ、そこから1秒遅れてカネボウ。旭化成の堀端はトップから45秒遅れて5位で通過した。

 13キロ過ぎ、3位コニカミノルタの宇賀地が安川電機、トヨタ紡織に追いつきトップグループに。14キロ過ぎ、コニカミノルタの宇賀地が先頭に立つ。宇賀地はそのまま飛ばし独走に。19キロ過ぎ、13位だったトヨタ自動車九州の今井が11人抜きで2位浮上。

 コニカミノルタ宇賀地が1位でたすきリレー。2時間40分42秒。1秒遅れで2位トヨタ自動車九州、そこから2秒遅れて3位トヨタ紡織。

1位 コニカミノルタ(宇賀地強)

2位 トヨタ自動車九州(今井正人)

3位 トヨタ紡織(椎谷智広)

4位 安川電機(中本健太郎)

5位 中国電力(岡本直己)

6位 SUBARU(小林光二)

7位 Honda(石川末広)

8位 カネボウ(木原真佐人)

9位 日清食品グループ(高瀬無量)

10位 旭化成(堀端宏行)

<5区=15・8キロ>

 コニカミノルタ、トヨタ自動車九州、トヨタ紡織がの3チームがトップ集団。11キロチェックポイントではコニカミノルタ、トヨタ自動車九州が並んで通過。42秒遅れて3位トヨタ紡織。11・6キロ過ぎ、コニカミノルタ伊藤がスパート。2位トヨタ自動車九州の三津谷を突き放し単独トップに立った。コニカミノルタはそのままトップでたすきリレー。26秒遅れて2位トヨタ自動車九州。1分37秒遅れてトヨタ紡織。日清食品グループは9位、トップから2分28秒遅れて佐藤にリレー。富士通は13位。3分44秒遅れで柏原にたすきがリレーされた。

1位 コニカミノルタ(伊藤正樹)

2位 トヨタ自動車九州(三津谷祐)

3位 トヨタ紡織(白柳智也)

4位 中国電力(米沢類)

5位 安川電機(久保田大貴)

6位 カネボウ(松藤大輔)

7位 旭化成(佐々木悟)

8位 Honda(池辺稔)

9位 日清食品グループ(保科光作)

10位 トヨタ自動車(大石港与)

<6区=12・5キロ>

 富士通の柏原はすぐに12位に順位を上げると沿道の大声援を受けながら力走。5キロ通過は14分27秒でここまでの選手で最速だ。1位はコニカミノルタ。10キロ地点で2位以下に約600メートルの差を付け独走態勢に入っている。

 コニカミノルタの新田は2位トヨタ自動車九州に2分10秒の大差をつけてたすきリレー。3位は2位から15秒遅れてカネボウ。富士通の柏原はトップから4分1秒遅れの12位でアンカーにたすきリレーした。

1位 コニカミノルタ(新田良太郎)

2位 トヨタ自動車九州(広末香)

3位 カネボウ(大西一輝)

4位 Honda(福山良祐)

5位 トヨタ紡織(田口裕弥)

6位 中国電力(森本卓司)

7位 日清食品グループ(佐藤悠基)

8位 旭化成(大野龍二)

9位 トヨタ自動車(井上翔太)

10位 SUBARU(吉田憲正)

<7区=15・5キロ>

 コニカミノルタはエースの松宮が安定した走りでゴールに向かう。危なげない走りで4時間51分32秒(速報値)で5年ぶり7度目の優勝を果たした。2位は3分52秒遅れてトヨタ自動車九州、3位にはカネボウが入った。

1位 コニカミノルタ(松宮隆行)4時間51分32秒

2位 トヨタ自動車九州(酒井拓弥)4時間55分24秒

3位 カネボウ(中村悠希)4時間55分25秒

4位 Honda(藤原正和)4時間55分25秒

5位 中国電力(清谷匠)4時間55分28秒

6位 SUBARU(塩川雄也)4時間55分30秒

7位 トヨタ紡織(糟谷悟)4時間55分31秒

8位 トヨタ自動車(尾田賢典)4時間55分32秒

9位 日清食品グループ(安西秀幸)4時間55分54秒

10位 旭化成(出口和也)4時間56分10秒

 [2013年1月1日14時34分]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞