佐賀商の連覇の道は途絶え、プロ注目で主将の済木龍輝遊撃手(3年)は泣きじゃくった。1番で1四球の3打数無安打と不発に終わり「相手投手の配球が良くて的が絞れなかった」と悔しがった。

今後の目標はプロ入りで「1軍で活躍できる選手になりたいです」。目標とするソフトバンク今宮が活躍する憧れの世界へ夢を抱いた。