巨人高橋優貴投手(22)の4勝目はならなかった。

2回に阪神マルテにソロを浴びるも、スライダーを軸に粘り強い投球で6回1失点と好投した。勝ち投手の権利を持って6回終了後に降板したが、後続が逆転を許したため、勝利ならず。それでも防御率は1点台に突入するなど、安定した内容を続けている。

「前回の登板と同じく調子は良かったと思います。1点差だったので、追いつかれないようになんとか粘り強く投げられました。二死から四球、安打でランナーを出してしまったので、次の登板の課題にしたい。四球を1つしか出さなかったのは良かった。ストライク先行で、攻めの投球ができたと思います」とコメントした。