楽天ドラフト1位ルーキーの辰己涼介外野手(22)が、初の2試合連続アーチを放った。

初回2死満塁の好機を逃した直後に、エース則本昂がいきなり2被弾で3点を奪われる苦しい展開。2回1死からソフトバンク・ミランダの直球をバックスクリーンにたたき込んだ。

プロ4本目で左腕からは初。「センターから逆方向を意識していました。真っすぐをしっかり仕留められました。考えていたことを実行できてよかったです」とうなずいた。ルーキーの1発から反撃に転じる。