昇給分は球速アップに投資します。日本ハム吉田輝星投手(21)が11月30日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸970万円から1030万円増の2000万円(金額は推定)でサインした。約2倍の増額で、球速アップのためのトレーニング用具購入などに費やす。

思わず舞い上がってしまった。金額について「テンションが上がって、ちょっと忘れてしまった」。4年目の今季はシーズン通し1軍に定着し、自己最多51試合に登板と、ステップアップの1年に変えた。来季目標については「(新球場は)本塁打が出やすい球場になるので、球速は必要。150キロをぼんぼん出せるように。先発でもリリーフでも、そこが基準になるので」と思い描いた。

進化のためのプランを実行する。年俸アップ分の一部を用いて、エンゼルス大谷も利用したことがある米国のトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」が考案した、重さの異なる練習用ボールを購入する予定。球速アップに効果があると言われており「そろえると10万円ぐらい。高いですけど(年俸が)上がった分は来年の球速に投資したい」と意気込んだ。

「球速を上げるには筋量も必要だとアナリストとも話した」と今季終盤から、タンパク質を効果的に摂取する食事トレにも取り組んできた。「筋量が上がって体脂肪が落ちている。10%ぐらいにはしたい」。知恵と努力で効果的に「資産運用」し、大ブレークの23年にする。【永野高輔】