日本ハム、本拠地戦の販売概要発表 人数上限も設定

日本ハムは25日、本拠地札幌ドームで7月14日から8月1日まで行われる主催試合のチケット販売、および回数券の利用期間延長についての概要を発表した。今回販売対象となる試合については、政府や北海道から示されたプロスポーツ等イベント開催制限の段階的緩和の目安にならい、7月14日から同31日までの10試合を5000人、8月1日は2万人と、入場者人数に上限を設ける。 また、来場者同士の十分な距離を確保するべく、座席間隔を空けての販売を行う。 チケットの発売は7月14日からのロッテ6連戦における一般販売が7月5日、7月28日からのオリックス5連戦における一般販売が7月19日から。ともに午前10時よりWEBや球団オフィシャルショップなどにて販売開始となる。 チケット販売価格や回数券の利用方法など、その他詳細については球団ホームページにて。