安藤サクラら呼び掛け「ミニシアター救え」署名2万

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の要請を受けて、映画の公開延期や映画館の上映自粛が広がる中、存続危機を迎えるミニシアターの救済を目的としたプロジェクト「#SAVE THE CINEMA ミニシアターを救え!」が6日にインターネット署名サイト「Change.org」で始めた署名活動への署名が7日午後、2万筆を超えた。

プロジェクトを立ち上げた有志は6日「新型コロナウイルスによって大きな打撃を受けている小規模映画館(ミニシアター)等への緊急支援を求めます」と題した、政府に緊急支援を求める要望書を作成し、公表した。その中で、政府に対して<1>緊急的な支援として感染拡大防止のための自粛要請、外出自粛要請、拡大防止対策(時短営業や客席数を減らすなど)によって生じた損失(観客数の大幅な減少)の補てん<2>終息後の支援として集客回復のための、広報活動の充実、イベントへの支援を求めた。

要望書と集まった署名は今後、内閣府、議員連盟、文科省、文化庁へ提出する。クラウドファンディングなどを活用した具体的な施策も断続的に実施していく予定で、浜口竜介監督と深田晃司監督が発起人となり、スタート準備に入っている「ミニシアター・エイド基金」とも連携していく。

呼びかけ人には、映画監督では脚本家でもある荒井晴彦氏、入江悠監督、上田慎一郎監督、是枝裕和監督、白石和弥監督、塚本晋也監督、深田晃司監督、藤井道人監督ら、俳優は安藤サクラ、井浦新、柄本明、渡辺真起子らが名を連ねた。

賛同者も続々と増えている。俳優では芋生悠、大西信満、小山田サユリ、佐伯日菜子、田口トモロヲ、田中要次、古舘寛治、映画監督では足立紳監督、今泉力哉監督、金子修介監督、小泉徳宏監督、篠原哲雄監督、松永大司監督、三島有紀子監督、行定勲監督らが名を連ねている。

プロジェクトがスタートした6日には、安倍晋三首相が緊急事態宣言発令の準備に入ると表明。これを受けて、緊急事態宣言の対象となる東京都の小池百合子知事も会見を開いた。小池氏は会見で、事業者には「施設の種別に応じ、感染防止のため施設使用やイベントの開催についても、休止を要請する」とし、屋内外を問わず複数人が参加し密集状態等が発生する恐れのあるイベントなどの開催について、自粛を要請する考えを示した。具体的には娯楽施設、遊技施設、一部商業施設、小中高等学校、大学などの文教施設などには、施設の使用制限等の要請をする。

そうした自粛要請は、映画館を直撃する。安倍首相の表明と小池知事の会見の前には、東京・新宿の映画館「テアトル新宿」などを運営するテアトルシネマグループが運営する全国9館の映画館を8日から当面、休館すると公式サイトで発表している。

複数の映画館を運営するグループ以上に、単館系の映画館は苦境に立たされている。上映を続ける劇場は収益が落ち、中には独自にクラウドファンディングを行ったり、グッズの通販などを行う劇場も出てきているが、客足は落ちる一方だ。そうした映画館を閉館の危機から救おうと、俳優、製作者、宣伝、メディアが一体となって、うねりを起こし始めている。