関塚技術委員長、Jの外国人枠「撤廃なら反対」

  • FacebookMessenger
  • TL

日本協会の技術委員会が12日、東京・JFAハウスで行われた。

関塚隆技術委員長は「Jリーグが進めようとしている外国人枠の問題など、1つ1つの項目の話をした」。当初Jリーグは枠の撤廃も模索したが、各クラブなどの反発が強く軟化。日本サッカーの強化を担う技術委員会の長として、関塚氏は「(枠の)撤廃なら反対です。5枠だったら何をするという協議、すり合わせ」。Jリーグが提示する案が現状の外国人3人+アジア枠1から、5への段階的な拡大であることも判明。また、森保兼任監督を補佐する新たなスタッフなど代表の体制についても話し合われたようだが、多くの時間を外国人枠に割いたという。

 

このニュースの写真

  • 代表選手発表を行う森保監督(右)と関塚技術委員長(2018年8月30日撮影)
  • FacebookMessenger
  • TL