「星稜!」大阪出身も本田圭佑は母校にエール送る

第101回全国高校野球選手権大会決勝の星稜(石川)-履正社(大阪)を前に、サッカー、オーストラリアAリーグの強豪メルボルン・ビクトリーを退団し、所属先が未定の本田圭佑(33)が21日にツイッターで母校にエールを送った。

本田は「星稜!」とだけ、つぶやき後押し。サッカー部OBで、3年時は全国高校サッカー選手権で4強入りしたが、日本一はならなかった。競技は違うが、日本一に王手をかけた奥川恭伸投手(3年)ら後輩にエールを送った。

本田は高校時代、野球部の名将として知られ、現在は同校で名誉監督を務める山下智茂氏の教えも受け、卒業後に母校を訪ねた際も、交流している。

出身は大阪。履正社も生まれ故郷に近いが、滞在中とみられる欧州から、やはり母校・星稜の初優勝を後押しするようだ。