【蔵出し手記】20歳のダルビッシュ有を堪能しよう 球種4つ、細身のシルエット、新庄から授かったファンサービス

2006年、日本ハムのダルビッシュ有投手にリーグ優勝の手記をお願いしました。20歳の初々しさと登場人物に、歳月を思います。注目は結びの段落。先輩からの大切な学びを、16年たった今も守り続けていることが分かります。信念、岩をも通す。(2006年10月13日掲載。所属、年齢などは当時)

傑作選

日刊スポーツ

本当にうれしいの一言です。夢のようです。昨日先発して勝利し、今日も連勝で胴上げすることができました。こんなに多くのファンが集まってくれている地元で優勝したかった。今季、勝てなくて苦しんだ。2月末のWBC日本代表の壮行試合で肩を痛め、あれから投げるのが怖く、不安でした。

当時の投球フォーム。ビジターユニホームも懐かし=2006年4月26日

当時の投球フォーム。ビジターユニホームも懐かし=2006年4月26日

清原への死球

肩の不調から変化球が投げられなかった。昨年の決め球だったシンカーは今年1球も投げていない。球種をカーブ、スライダー、ツーシームに絞った。

6月まで4勝。それでも「もう我慢できないだろうな」と自分が思うほどの状態でも、ヒルマン監督が投げさせてくれた。その期待に応えたかった。それで12勝できた。

今年、ベストの投球だったと思うのは2試合。清原さんと対決した(8月26日の)オリックス戦、そして初めて中継ぎで登板した(9月27日)最終戦のソフトバンク戦です。

2試合とも直球勝負できた。後半150キロが何度も出ましたが、ここまで自分の投球が良くなるとは思わなかった。

オリックス清原和博に死球を与える=06年04月20日

オリックス清原和博に死球を与える=06年04月20日

今季、清原さんに死球を与えてしまった。投手であればそれは宿命なのかと思います。謝罪した後、いろいろ親切にしてもらってうれしかった。

だから、清原さんとの2度目の対決は楽しかったし、自分の力を出すことができたと思う。

ローテ守り12勝

2年目のジンクスは、初めからない。昨年5勝ですし、もともと2年目のジンクスと呼ばれるほど活躍していないですから。シーズン通して、ほぼローテーションを守れたことには満足しています。

20歳になって、プロに入って本当に良かったなって思った。大学、社会人に行っていたら今の経験はできなかったはずですから。僕はうれし涙って生まれて1度も流したことがなかった。

日本一を決め、新庄剛志と抱き合う=06年10月26日

日本一を決め、新庄剛志と抱き合う=06年10月26日

泣いたのも東北高の2年の夏、決勝で負けた以来ですし。優勝したらどんな感情になるかって今日まで思っていましたけどね。9回に入って泣きました。止まらなかった。

新庄さんが引退を決意しました。ファンを一番に考えていた人。ファンを最優先するという思いはファイターズに浸透していると思う。その新庄さんの考え方、森本さんもいますし、継続させていきたいと思います。(日本ハム投手)