【夢幻のグローバル・リーグ:第7話】力道山、石原裕次郎と餅をつき、長嶋茂雄と戯れ…人を呼ぶ森徹/祝! 野球伝来150年②

野球が日本に伝わり、2022年で150周年を迎えました。野球の歴史を振り返る不定期連載Season2は、国際化の先駆けとも言える、あるリーグに焦点を当てます。事実は小説よりも奇なり、全9回の第7話です。(敬称略)

ストーリーズ

古川真弥

早大時代、何かを見つけた長嶋茂雄と=1957年10月10日

早大時代、何かを見つけた長嶋茂雄と=1957年10月10日

▷59年 本塁打と打点の2冠

1969年(昭44)のわずか1シーズン、正確には開幕から1カ月足らずで幕を閉じた国際野球リーグ「グローバル・リーグ」。日本から参加した東京ドラゴンズを率いたのは、元本塁打王&打点王の外野手、森徹だった。

◆森徹(もり・とおる)1935年(昭10)11月3日、旧満州(現中国東北部)生まれ。早大学院から早大に進む。東京6大学リーグでは立大・長嶋と同期で、強肩強打の外野手として活躍。58年に中日入りし、2年目で4番を打ち、31本塁打、87打点の2冠。1年目の58年から3年連続で外野手のベストナインに選ばれた。62年から大洋(現DeNA)、66年から東京(現ロッテ)。68年限りで引退。通算1177試合、971安打、189本塁打、585打点、打率2割5分1厘。武道の達人でもあり、柔道、合気道、空手で6段。14年2月6日、肝細胞がんのため死去。78歳。現役時は173センチ、95キロ。右投げ右打ち。

グローバル・リーグを終えた森は再び実業界に戻ったが、解説者を務めるなど、野球との縁は切れなかった。プロ野球OBによるマスターズリーグにも出場した。晩年は日本プロ野球OBクラブの理事長を務め、学生野球資格回復制度の改革に尽力。プロ野球OBが3日間の研修などで資格回復できる道を開いた。

素顔は、どんな人物だったのだろう。

▷稲川誠の回顧

「プレーは一生懸命だったね」

稲川誠は懐かしそうに話し始めた。元大洋(現DeNA)の投手で、中日から移籍してきた森と62年から4年間、チームメートだった。同じ東京6大学出身(森は早大、稲川は立大)。ポジションは違ったが、1歳上の森は、かわいがってくれた。

「『俺が森だ』って感じで、曲げない人だったね。肩が強くて、ライトからバックホームするとき、ノーバウンドで投げようと高めに放るんだ。本当は低めに投げないといけないのにね。川崎球場で守っているときにやじられ、つばをかけられて、フェンスを登って相手をスタンドまで追い掛けたこともあったなあ。楽しい人だった。大きなフライを捕ろうとフェンスをよじ登ったら、打球が前に落ちたりね」

逆方向へ打ち込む大洋時代の打撃フォーム。右肘の使い方が秀逸=1964年7月18日、甲子園球場

逆方向へ打ち込む大洋時代の打撃フォーム。右肘の使い方が秀逸=1964年7月18日、甲子園球場

「レフトフライを打った後『ポイントが1センチ、狂ったな。ホームランだったのに』って悔しがっていた。こっちは『狂わすなよ』と思うけど、森さんは本気。負けん気の強い人だった」

一途で、一本気で、頑固で、でも面倒見がよくて。そんな姿が浮かんでくる。33歳での現役引退の背景には、中日、東京(現ロッテ)で監督を務めた濃人渉との確執があったと言われる。まだまだ、プレーできる。そんな思いも、森をグローバル・リーグに突き動かしたのかも知れない。

▷北京の料亭「万里」

稲川と森の縁は、実は、ずっと前にさかのぼる。2人とも戦前の満州生まれ。ともに北京幼稚園に通った。

「幼稚園の頃から列の一番前に並ばないと気が済まない。そういう人だった。がき大将だね」

森の母親は北京で「万里」という料亭を営んでいた。そこに日本から相撲巡業が来た。駆け出しの力道山がいた。その縁で、森と力道山は義兄弟の間柄になった。稲川は現役時代、自主トレで力道山の道場に連れて行ってもらったこともあったという。

稲川は68年限りで引退した。ちょうど、東京ドラゴンズができるタイミング。森から誘われたが、コーチ就任が決まっていたため、断った。球団スカウトや寮長も歴任した。退団後は学生野球資格を回復。今はコロナでままならないが、85歳となった今でも、機会があれば高校生に指導している。

「僕らは森さんの恩恵にあずかって、資格を取れている」

80年以上前に知り合った〝兄貴〟に感謝した。(つづく)