川崎フロンターレが8日、神奈川・川崎市内で10日の横浜F・マリノス戦に向け調整を行った。

6日のACL・上海上港戦(中国)から中3日。上海から川崎の練習場まで約9時間の長旅で疲労も残る中での戦いになるが、DF谷口彰悟(27)は「コンディションを戻していい状態で試合に臨めるか。シーズンが始まる前から分かっていたこと。覚悟をもってどう戦っていくか、しっかりやっていきたい」と話した。

上海上港戦はPKの失点で勝ち点は逃したが、守備陣が奮闘し、元ブラジル代表FWフッキ、MFオスカルら強力な攻撃陣に崩されることはなかった。谷口は「個の強い選手が前線にいた中、強気にいく部分でだいぶ、戦えた。後ろも集中して研ぎ澄まされていく感じがあった。それぐらいの相手とやれることは楽しかった」と手応えを口にした。休む間もなく迎えるリーグ戦。リーグは開幕から2分けの発進で、谷口は「勝ててないけど負けてもいない。ここから上がっていくだけ」とキッパリ。横浜は得点力の高い攻撃型で「相手の2列目の飛び出しやマークの受け渡しなど、臨機応変に対応していければ」と話した。