J1の東京は26日、MF東慶悟主将が右第5中足骨骨折で全治約3~4カ月と診断されたことを発表した。すでに手術を終えている。

東主将は22日のリーグ第6節アウェー札幌戦に出場。試合中に右足の痛みを訴え、途中交代していた。

昨季に主将に就任し、クラブ史上最高位となる2位に貢献。好守にハードワークし、つなぎ役としても欠かせない存在となっていた。今季は過密な日程での連戦だけに、痛い離脱となる。