J3ガイナーレ鳥取は8日、来季の監督に元日本代表DFの林健太郎氏(51)が就任すると発表した。

現役時代はヴェルディ川崎(現東京V)、ヴィッセル神戸、ヴァンフォーレ甲府で活躍し、1995年には日本代表にも選出されている。引退後に指導者となり、近年は神戸のアシスタントコーチ、ヘッドコーチを歴任。22年3月以降は神戸のスカウトを担当していた。

林氏はクラブを通じて「今回、大変ありがたいご縁をいただき、ガイナーレ鳥取の監督に就任することになりました。私を信頼してくれたクラブ幹部の方々には感謝の気持ちしかありません。選手や現場スタッフ、フロントスタッフ、サポーターの皆様やスポンサー企業の皆様、クラブに関わる全ての皆様と一体となって目標に向かっていくことを楽しみにしております」とコメント。

さらに「J2昇格を目指し、選手たちと共に日々努力を重ね、応援してくださる方々、地域の皆様を笑顔にすることができるよう全力を尽くします」と誓った。