コンテンツエリア



メインコンテンツ

フィギュアスケートバナー

フィギュアスケート

羽生結弦

羽生結弦

はにゅう・ゆづる

羽生結弦

所属ANA

生年月日1994年(平5)12月7日

身長172センチ

出身地宮城県仙台市

主な戦績14年ソチ五輪、18年平昌五輪金メダル、14、17年世界選手権優勝、13~16年GPファイナル史上初4連覇、20年4大陸選手権優勝

コーチブライアン・オーサー、トレイシー・ウィルソン、ジスラン・ブリアン

2019-20楽曲SP=バラード第1番、フリー=SEIMEI

2019-20振付師ジェフリー・バトル、シェイリーン・ボーン

自己ベスト総合322.59(19年スケートカナダ)世界2位
SP111.82(20年4大陸選手権)世界1位
フリー212.99(19年スケートカナダ)世界2位

練習時間(週)10時間

趣味音楽鑑賞

SNS、ブログなどなし

関連ニュース

プロフィル

09年ジュニアGPファイナルを14歳の史上最年少(当時)で制覇。10年世界ジュニアも優勝し、10-11年シーズンからシニア転向。11年3月11日、アイスリンク仙台で練習中に東日本大震災に遭う。

逆転表彰台となる銅メダルに輝いた12年の世界選手権は「伝説のニース」として鮮烈な印象を残した。同年5月に練習拠点をカナダ・トロントのクリケットクラブへ。年末の全日本選手権で初優勝し、15年まで4連覇。16年は欠場。

14年ソチ五輪ではSPで史上初の100点超えとなる101・45点をマークし、アジア人男子初の金メダルを獲得。同年の世界選手権も初制覇した。GPファイナルは13年から16年まで4連覇(史上初)。

17年11月のNHK杯公式練習で転倒し、右足首の靱帯(じんたい)を損傷。18年2月の平昌五輪は約4か月ぶりの復帰戦に。それでもSP1位、フリー2位の出来で冬季五輪ではディック・バトン氏以来66年ぶり、日本人初の2連覇を遂げた。個人では史上最年少、かつ冬季種目では初の国民栄誉賞が授与された。

20年の4大陸選手権を初めて制し、ジュニアのGPファイナルと世界選手権、シニアの五輪、世界選手権、GPファイナルを合わせた主要タイトル6冠「スーパースラム」を男子で初めて達成した。

宮城・東北高―早大人間科学部(通信教育課程eスクール)在学中。家族は両親と姉。




スポーツ

富樫、八村弟ら代表紅白戦出場、A東京からは不出場
富樫、八村弟ら代表紅白戦出場、A東京からは不出場 [記事へ]





右カラム