日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

ドラ4増井はハムの「さかなクン」

日記を書く

 日本ハムに「さかなクン」が誕生した。ドラフト5位の増井浩俊投手(25=東芝)が12日、地元の静岡・焼津名物マグロを有効活用してスター街道を突き進むことを誓った。マグロの水揚げ高で日本一の焼津港の近くで育ち、海産物が大好物。マグロのキャラ、大漁旗を利用しての個性あふれる応援をファンに熱望。故郷とともに自身の猛アピールへつなげるプランだ。

 胸に抱く不朽のマグロ愛を抑え切れなかった。千葉・鎌ケ谷での新人合同自主トレ初日のこの日、増井は海産物王国・北海道を本拠地に置く球団で戦うための、壮大な計画をトロ(吐露)した。「焼津をもっと知ってもらいたい。(マウンドに上がったら)大漁旗とか上げてほしいですね」と、宣伝材料の1つを“焼津”にすることを決めた。

 生まれながらの大の魚介類好きだ。25歳の若さなら大トロ、中トロを好む場合が多そうだが「やっぱり赤身。刺し身ですね」と、ちょっと通なところを披露。サバなどの光り物はちょっと苦手にしているが、北海道でスタンダードなホッケ、シシャモなどにも目がないという。肉食系の選手は多いが「マグロは特にですけど、魚は好き」と思い入れを明かした。

 日本ハムでは、選手にマッチしたキャラクターを利用した応援スタイルが定着する。かつては巨人小笠原が打席に入ると、観客はイルカのぬいぐるみを手に声援。イルカで有名な東京・小笠原村にちなんだもので、風物詩だった。増井も同様のマグロ応援、または1勝に付きマグロ1頭の解体ショー…など構想は膨らむ。「プロはアピールも大事」とプレー以外での活躍に、早くも目を向けた。脂が乗った即戦力右腕は、マグロとともにプロという大海へ泳ぎ出した。【高山通史】

 [2010年1月13日10時13分 紙面から]


関連ニュース




キーワード:

増井浩俊

このニュースには全0件の日記があります。






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  ハム名護キャンプは紅白戦3試合 - 野球ニュース
  2. 2  千代大海が引退、親方「引退」と明かす - 大相撲ニュース
  3. 3  大トリ入寮ハム増井「駒大魂」注入 - 野球ニュース
  4. 4  ダルは1軍キャンプ帯同、梨田監督が決定 - 野球ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです