日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのスポーツページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. ニュース

真央は恋愛も意識して演技/インタビュー

リスト「愛の夢」の楽譜を前にする浅田真央(撮影・浅見桂子)
リスト「愛の夢」の楽譜を前にする浅田真央(撮影・浅見桂子)

 バンクーバー五輪銀メダリストで世界選手権女王の浅田真央(中京大)が14年ソチ五輪に向けた再スタートの20歳シーズンへ、身も心も大人になる。3日、都内のテレビ朝日本社でグランプリ(GP)シリーズとGPファイナルに向けた記者会見が行われ、会見後に日刊スポーツなどの独占インタビューに応じた。4年後を見据えてのジャンプ改造も最高2カ年計画を決意。恋愛を意識して演技するなど、成熟したスケーターへ1歩踏み出す。

 浅田は、20歳シーズンへのはっきりとしたイメージを持っていた。五輪後、苦手だったルッツなどのジャンプも取り組むことを決意した。改造途中の2日のジャパンオープンはミスを連発。理想像を追うためには必要な試練だった。

 浅田 理想は初めて(05年の)GPシリーズに出たころ。小さかった体形も合っていた。他の部分は今より下手くそだなと思うけど、ジャンプは今より高さもあった。その時のジャンプを少しでも思い出せるようにしたい。練習では手応えが出てきたけど、まだまだ完成じゃない。半年、1年、2年ぐらいかけてやっていかないと、思い出して安定してはできないと思う。

 武器となるジャンプは最長2年をかけて仕上げる覚悟だ。だが今季のフリー曲「愛の夢」は、そのままの自分で演じればいい。浅田も他の若き女性のように、恋を夢見ている。

 浅田 10代までは子供だから我慢していた部分もあった。でもたまにはメークしたり、夜景の見えるレストランでご飯をゆっくり食べたい。相手? 欲しいですけど、いないです。今年のフリー曲は愛の夢を持つことだから、恋愛は想像でもいいかな。理想の男性像? 姉が言う「背が高くて面白くて格好いい人」もそうですが、料理ができる人がいい。おいしい料理を作ってくれて「食べて」と言う人がいい。自分でも最近は自炊しますよ。得意なのはカボチャの煮物です。

 成長するにつれ、食生活も変わってきた。

 浅田 昔は焼き肉屋に行くと、お肉だけ。野菜は食べなかった。ジャンプの源は肉? あと、お菓子(笑い)。サラダも食べられなかったし、食べるのはトウモロコシぐらい。でも2、3年前からいろんな野菜を食べるようになった。自分でバランスよく考えながら食べるのが楽しくなって。秋はクリがいい。クリは野菜じゃない? でもクリは足の疲れを取るんですよ。

 9月25日に誕生日を迎えた。今季への意気込みを語る姿は、幼さが抜け、大人びてきた。

 浅田 20歳の新しいシーズン、五輪が終わって一区切りのシーズン、新しいコーチが決まってのシーズン、すべてが新しいスタートだと思う。(取材・構成、広重竜太郎)

 [2010年10月4日8時7分 紙面から]


関連ニュース



このニュースには全0件の日記があります。



キーワード:

浅田真央





この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  真央「新しいスタート」はスカート姿で! - スポーツニュース
  2. 2  宣言!「30から40歳の朝青龍は大変」 - 大相撲ニュース
  3. 3  イチロー「ま、僕は幸運な男ですから」 - MLBニュース
  4. 4  香川は疲れの中で「最低限」/ブンデス - 海外サッカーニュース
  5. 5  「最後の朝青龍」断髪式にファン1万人! - 大相撲ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです