コンテンツエリア



メインコンテンツ

コラム

RSS
野球の国から 高校野球編

 2018年夏、全国高校野球選手権大会(甲子園)が100回大会を迎えます。その記念大会へ向け、日刊スポーツが総力を挙げた連載を毎日掲載します。

新着コラム

土浦日大対興南 6回裏興南1死三塁、右前適時打を放つ西里(撮影・前田充)

興南が100回大会で初戦を突破し、沖縄勢が節目の夏通算70勝に到達した。沖縄のレベルアップに貢献してきた大会は2つある。体力向上を目的にした1月の「野球部対抗競技会」。そして全国に先駆け…[]

常葉大菊川に敗れ、涙を流しながら引き揚げる益田東ナイン(撮影・前田充)

益田東は部員138人の大所帯だ。ほとんどが県外出身者で、口さがない人々は「外人部隊」と呼ぶ。大庭敏文監督(37)は「いろいろ言われますよ」と苦笑いする。「行くところがないから来た」「大阪…[]

延長タイブレークの末、敗れた旭川大高・沼田(左から3人目)らナインは悔しそうな表情で佐久長聖ナインを見つめる(撮影・垰建太)

チームカラーのエンジの帽子から、眉毛付近まで伸びた前髪がのぞく。旭川大高の先発、沼田翔平投手(3年)は清潔感たっぷりに両サイドを刈り上げ、1球ごとに帽子を取ると、整えられた黒髪が甲子園の…[]





野球

日大三-下関国際、近江-金足農/準々決勝全カード
日大三-下関国際、近江-金足農/準々決勝全カード [記事へ]





右カラム