日刊スポーツ「編成部長」を務める前ロッテのサブロー氏(42)。名門PL学園(大阪)からドラフト1位でロッテに入団し、「つなぎの4番」として活躍。現役時代に中学硬式野球チーム「千葉幕張ボーイズ」を設立するなど多くのアマチュア選手の育成に携わり、引退後はどういう選手がプロで成長するか研究を続けてきた。「将来、プロで活躍する選手を探す」という視点で、全国の球児をチェックする。

(左から)サブロー編成部長、10年優勝パレード、94年センバツ大会から
(左から)サブロー編成部長、10年優勝パレード、94年センバツ大会から

◆大船渡・佐々木は大谷超える新怪物

◆明大・森下は岸カーブで世界の潮流狙え

◆山梨のデスパイネ野村に足りない2要素