敦賀気比(福井)が3大会連続の夏2勝で16強に進んだ。勝つには勝ったがエース上加世田頼希(うえかせだ・らいき)投手(3年)は苦い表情だった。また甲子園の「落とし穴」にはまった。

序盤から3失点と不安定。完投目前の9回。5点リードがあったが2点を返され、交代を告げられた。初戦の5回途中降板に続く不完全燃焼。東哲平監督(42)は「甲子園でいい投球を見たことがない。逃げの投球。自分で崩れている」と手厳しかった。

本来、制球力の高い投手だが、この日は7四死球、6失点の独り相撲。主力として4季連続の甲子園。昨年から登板している「慣れ」ゆえの課題がある。「甲子園のマウンドはすごい投げやすいので、楽をして、下半身を使わずに投げてしまう」と証言した。微妙なフォームの乱れが出るそうで、東監督や、中学からバッテリーを組む渡辺優斗捕手(3年)の助言でも修正し切れなかった。

9回の降板後、右翼で落球(失策)してピンチを広げた。一方、打っては8回に中越え2点二塁打。昨夏から4番を打ち、打席では甲子園との“相性”がいい。「次は足を引っ張らず、チームを引っ張りたいです」。初の夏の頂点へ、マウンドも自分のものにしたい。【柏原誠】