<全国高校野球選手権:仙台育英11-10浦和学院>◇10日◇1回戦

 仙台育英(宮城)が浦和学院(埼玉)にサヨナラ勝ちし、史上8校目の春夏連覇を阻んだ。1点を追う初回に6点を挙げ、逆転。だが3回に8点、4回にも1点を奪われ、6-10と劣勢に。だが6回に4点を挙げて試合を振り出しに戻した。10-10で迎えた9回2死から小野寺俊之介内野手(3年)が安打で出塁。ここで代わった浦和学院・山口瑠偉(3年)から熊谷敬宥内野手(3年)が左越えのサヨナラ打を放った。

 サヨナラのホームを踏んだ小野寺は「サヨナラ打はあるけど、ホームインは野球人生で初めて。ここが勝負どころだと一生懸命走りました」と汗にまみれた笑顔を見せた。