<全国高校野球選手権>◇14日◇2回戦4試合

 大会2連覇を目指す大阪桐蔭がサヨナラ勝ちしたほか、常葉学園菊川(静岡)済美(愛媛)富山第一が勝ち進んだ。大阪桐蔭は明徳義塾(高知)、済美は花巻東(岩手)と3回戦で対戦する。

 大阪桐蔭は3-2で迎えた九回に失策で同点とされ、今大会初の延長戦に突入。十回1死一、三塁で福森がしぶとく右前に落とし、4-3で日川(山梨)を振り切った。

 常葉学園菊川は二回に3点を先取し、四回には桑原の2ランで加点。堀田が五回以降は1安打に抑え、有田工(佐賀)に5-3で勝った。

 今春の選抜大会準優勝の済美は、注目の2年生エース安楽が九回に集中打を浴びたが、9-7で三重を下した。

 春夏通じて初出場の富山第一は宮本が完封し、5-0で秋田商に快勝。東北勢の6校すべての初戦突破はならなかった。