<全国高校野球選手権:前橋育英3-2常総学院>◇19日◇準々決勝

 夏の主役は俺だ!

 初出場の前橋育英(群馬)高橋光成投手(2年)が投打に活躍し準決勝進出を決めた。6回から救援し5回無失点で10三振を奪い、打っては9回2死から同点三塁打。延長10回、3-2で常総学院(茨城)にサヨナラ勝ちした。今日20日は休養日で、準決勝は21日に行われる。

 夏の主役になる男には見せ場がやってくる。0-2で迎えた9回裏2死二、三塁。打席に立つのは前橋育英のエース高橋光。一打同点、凡退なら試合終了の場面でちょっぴり弱気になった。「三振したらどうしよう」。だが、「ここで打たなきゃ、もう3年生と野球ができない。3年生と少しでも長く野球がしたい」と気合を入れ直した。

 初球をファウルすると2球目に「張っていた」という113キロのスライダー。外角低めの難しいコースを右中間にはじき返した。同点となる起死回生の2点適時三塁打。「うれしすぎて、あんまり覚えてないです!」と笑みがはじけた。

 3回戦まで3連続完投した影響から右肘に張りが出て先発を譲った。2点を追う6回から登板し「ゼロに抑えて流れを作りたかった。三振を取ると守備からリズムがつくれる」と、三振を奪っては味方を鼓舞するように叫んだ。8回には2死満塁でこの日最速の145キロの直球で見逃し三振。9回には鋭いフォークで3者連続三振で追い上げムードを高めた。

 2点を追う9回裏。2死走者なしの土壇場で女房役の小川が強烈な二ゴロを放った。試合終了と思われたが敵失で状況は一転。続く板垣が二塁打で続き、高橋光の同点打につながった。最後は「頼もしくて憧れの先輩」という土谷が10回1死二、三塁でサヨナラ安打を放ち勝利をつかんだ。

 高橋光が三振を奪うスライダーの秘密は「チョップする感じ」で投げること。指先の掛かりを良くするため、右手人さし指の爪は爪切りでは切らず、ヤスリで磨く。体も大きく、マウンドでは気迫に満ちあふれるが実は怖がり。「中学まで弟と一緒に寝てました。今も音楽をかけないと1人で寝られません」と、あどけなさの残る16歳だ。

 初出場での4強入りに「優勝もちょっと意識しちゃう」と笑う。毎年夏休みの宿題は最終日にやるタイプだが、試合前には「夏休みの宿題が、全部終わりました」と準備は万全だ。あと2勝。深紅の優勝旗を手に、この夏の主役であることを証明するだけだ。【島根純】