<愛知大会展望>

 本命はセンバツ4強の豊川。中村胤哉(かずや=3年)や主将の氷見泰介(3年)を中心に打線は強力。投手陣もエース田中空良(3年)が軸で、投打のバランスがとれている。今春県大会優勝の愛知啓成、昨秋優勝の東邦、地力がある中京大中京が後を追う。