立大の先発、田中誠也投手(4年=大阪桐蔭)は、投げ急ぎを反省した。

明大・森下との投げ合い。6回に1点先制され、8回に2死一、二塁を招いた。ここで、喜多を3球でカウント2-1と追い込んだ。

だが、4球目の真っすぐが「コースはよかったけど、高かった」ため、中越え二塁打とされ、2点を追加された。さらに、続く森下にも適時二塁打を打たれ、4点目を失い降板。7回2/3、6安打4失点で敗れ、勝ち点を落とした。

喜多の場面。二塁打を打たれる直前の3球目は、真っすぐで空振りを奪った。それで「直球で差し込める」と判断したが、次の球は高くいった分、外野の頭を越された。「5回までは良かったのですが。球種の選択が単調だったかも知れません」と反省した。

1回戦も森下と投げ合い、完封勝利。前日の2回戦(3-4で敗戦)は、逆転すれば終盤に投げる準備をしていた。結局、3回戦までもつれ、中1日で先発。テンポよく投げ、投手戦を演じたが、「(5回終了後の)整備のあと、力を出せなかった。球が浮いてきた。体力が…。情けないです」と唇をかんだ。溝口監督は「責められない」とかばったが、2カード連続で勝ち点を取れず、優勝争いは厳しくなった。ただ、戦いは続く。田中は「自分がやらないといけない。終盤につかまる。壁を乗り越えないと」と、エースの責任を口にした。