阪神が逃げ切り勝利。阪神は4回に佐藤輝が先制適時打。DeNAはその裏、牧のソロで同点。阪神は5回に近本の適時打などで3点を奪い勝ち越し。先発伊藤将は8回6安打1失点で無傷の3勝目。スアレスが8セーブ目。

矢野燿大監督(52)の一問一答は以下の通り。

-ルーキー伊藤将が好投

リュウ(梅野)と協力していろんなボールを使いながらタイミングをずらしたり、緩急を使ったりコーナーを使ったり。将司の持っている良さっていうのをしっかりと出してくれたし、的を絞らせないというか、連打があんまりなかった。安心して見られるピッチングで素晴らしかったね。

-佐藤輝は2安打2打点

毎日のことなんでね。別にびっくりもしない。ただ1本じゃなくて2本出ているっていうのは状態も上がってきているし、打ってほしいところで2アウトになってタイムリーとか、そういうところでこう中身的にもしっかりしたものがある。単なる1本というよりしっかり勝ちに貢献したり、相手に与えるダメージというのもしっかりあった中のヒット。複数安打が出ているというのは内容としてはすごくいいんじゃないかなと思います。

-4番になってから特に勝負強い

もちろん、そうやってチャンスで回ってくる打順なんでそういうものが輝の持ち味やなというふうに、これからなっていってもらえればもちろんうれしい。そりゃあ、ホームランもやけどね、走者を置いてどうしぶとく打っていくかを期待されるところ。ただ4番に座ったと言ってもまだ何試合かしかないんで、そういうところはこれからかなと思います。

-1番近本がチャンスメークにタイムリー

だいぶ落ち着いてきている。ちょっと前までなかなか数字も気になるところだったと思うけど、そういうのもあまり気にならなくなってきたところまで来ている。もっともっと良くなれば上がるという本人の手応えも、オレもそう思う。前から言っているように、うちの野球は近本が出てっていうのが一番ポイントというか大きな要素。近本が落ち着いてきたというのはチームにとっては大きいかなと思います。 

-新助っ人ロハスが初出場

状態がどこまでかというのを俺らも分かっていないわけだから。使っていきながらになるけど、外国人選手の枠があるんでね。明日、ガンケルが投げるんで。そういうところでは明日はロハスを(ベンチから)外そうかなと思っています。

-印象は

1日やからね。性格は間違いなくいいし、ハッスルしてくれるような動きも見せてくれている。そういう意味ではうちのチームに相性がいいというか、同じような野球観でやれるかなというのがある。打撃や守備はまだまだ見ていかないと分からないけど、楽しみはある選手だと思う。

阪神ニュース一覧はこちら―>