先発はヤクルト石川、広島森下。ヤクルトは2回2死三塁、広島は3回2死二塁とともに好機を生かせず、3回まで無得点。

広島は5回、石原が先制3号ソロ。続いて菊池涼も14号ソロを放った。森下は6回までヤクルト打線を3安打無失点に封じた。

ヤクルトは8回、代打攻勢から好機をつくり、塩見と青木の連続適時打で同点に追いつき、引き分けに持ち込んだ。