フジテレビ内田嶺衣奈アナウンサー(29)が31日までにインスタグラムで、自身の母校カリタス学園の児童らが殺傷された川崎市多摩区の事件に追悼のコメントを寄せた。

内田アナは「この三日間、どう言葉を発したらいいのか、紡いだらいいのか、とても悩んだのですが、今日は自分の想いを書かせて頂きます」と始め、「先日、川崎で悲しい事件が起きました。連日報道されているカリタス学園は、私が小学校から高校まで約12年間通った、大切な大切な母校です」と明かした。

さらに「生徒一人一人を大切にしてくれる学校で、私はそのあたたかい環境の中で守られ、すくすくと育つ事ができました。今の自分の基盤をつくってくれた場所だと思っています」と回想した。

内田アナは「このような事件が起き、ショックです。同じように悲しい気持ち、やりきれない気持ちになった方がきっとたくさんいらっしゃるかと思います」と心の内を明かし、「この場をお借りして、謹んで哀悼の意を表します」とコメント。「自分に何が出来るか考えながら、母校に想いを寄せるととともに、今回の件で傷ついた方達が少しでも穏やかな気持ちになれるよう、そして子供たちが守られ、安心して笑えるよう、微力ではありますが、心からお祈り申し上げます」と結んだ。

内田アナは同局「LIVE NEWSα」(金曜深夜0時10分)のメインキャスターも務めているため、同番組での発言も注目される。