米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは23日、第96回同賞のノミネートを発表し、宮崎駿監督(83)10年ぶりの新作長編アニメーション映画「君たちはどう生きるか」が、長編アニメーション映画賞にノミネートされた。作曲賞のノミネート候補・ショートリストには、久石譲が手がけた楽曲も残っていた。

宮崎監督作品では、03年に「千と千尋の神隠し」が長編アニメーション賞を受賞。06年には「ハウルの動く城」、13年にも前作「風立ちぬ」がノミネートされたが、受賞は逃しており、今回が10年ぶり4度目のノミネートとなる。14年11月には、黒沢明監督以来、日本人2人目の米アカデミー名誉賞を授与されていた。

スタジオジブリで代表取締役議長を務める鈴木敏夫プロデューサー(75)は、配給の東宝を通じ「『千と千尋の神隠し』に引き続き2度目のオスカーがもらえたら、本当に嬉しいです。3月の発表を心待ちにします」とコメントした。3月10日(日本時間11日)に米国で行われる授賞式で21年ぶりのオスカー獲得なるか、期待がかかる。

「君たちはどう生きるか」は、22年12月13日に都内で開かれた東宝の23年ラインアップ発表会見で公開が発表されて以後、あらすじ、声優キャストなど作品に関する情報は一切、開示されず、製作報告会見なども公開初日まで一切、開かれず、宣伝活動は、ほぼ行わなかった。その中、23年7月14日に全国441館で公開後、17日までの4日間で興収21億4000万円、動員135万人を記録。興収120億2000万円を記録した、13年7月公開の同監督の前作「風立ちぬ」との興収対比で150%超と好スタートを切り、スタジオジブリ作品ではトップ、日本の歴代興収で2位の316億8000万円を記録した、01年の「千と千尋の神隠し」初動4日間の、19億5437万6300万円をも超えた。

23年9月には、米アカデミー賞の前哨戦として知られるトロント映画祭(カナダ)で、日本映画で初めてオープニング上映された。同12月8日からは米国とカナダの2205館で公開され、公開初日から同10日までの3日間のオープニング興収(先行上映含む)で約1280万ドル(約18億6000万円)を記録し、全米週末興行収入ランキング1位を獲得。北米の週末興行収入ランキングで日本映画が1位を獲得したのは、1999年「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」、22年「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」以来3作品目だが、漫画や小説などの原作がないオリジナル作品としては初の快挙。また、全米で今年公開した「外国映画」(非英語作品)としても、同1日に北米で公開された「ゴジラ-1.0」(山崎貴監督)のオープニング興収(約1100万ドル)を超えて1位となった。

公開前から、クリスチャン・ベール、デイブ・バウティスタ、ジェンマ・チャン、ウィリアム・デフォー、カレン・フクハラ、マーク・ハミル、ロバート・パティンソン、フローレンス・ピューなど豪華な英語吹き替え版キャストが大きな話題を呼んだ。同11月22日からニューヨーク、ロサンゼルスの4館で先行上映が始まると、米国での宮■(■は崎の大が立の下の横棒なし)駿監督作品の劇場平均興収として過去最高成績を記録。ニューヨーク・タイムズやロサンゼルス・タイムズなど米国内主要メディアからも好意的なレビューが出たのも追い風となり、1日にニューヨーク批評家協会賞のBest Animated Film、10日にはロサンゼルス映画批評家協会賞のBest Animationとボストン映画批評家協会賞Best Animated Filmを受賞した。

1月7日(日本時間8日)には、米アカデミー賞の前哨戦の1つとして知られているゴールデン・グローブ賞が発表され、アニメ映画賞を受賞した。同賞は、ハリウッド外国人記者協会(HFPA)が主催し、2007年(平19)に設けられた同部門には「君たちはどう生きるか」と、新海誠監督の「すずめの戸締まり」がノミネート。日本映画は湯浅政明監督の「犬王」に続き2年連続のノミネートだったが、受賞は初めてだった。

◆「君たちはどう生きるか」 牧眞人は東京に住んでいたが、戦争が始まって3年目に街が戦火に包まれ入院していた病院が焼かれて母が亡くなってしまう。4年目に東京を離れ、疎開した先で出迎えにきた母そっくりの女性ナツコが、父との間の子を身ごもっており、新たな母になると伝えられる。複雑な心情を抱えつつも、眞人は新しい家に通され、自室のベッドで寝ているうちに母の夢を見て、涙し、目覚めると、家の近所に建つ古い塔に入り込んでいく。主演は俳優山時聡真木村拓哉、菅田将暉、柴咲コウ、あいみょん、木村佳乃、竹下景子、國村隼、大竹しのぶ、小林薫、火野正平、滝沢カレン(31)阿川佐和子らも出演。主題歌は米津玄師の「地球儀」。