通信機器の不適切使用による騎乗停止を終えて実戦に復帰していた2年目の角田大河騎手(20=石橋)が、騎乗停止明け後の初勝利を挙げた。今年のJRA・21勝目。

4番人気ノボリクレバー(牝3、石橋)に騎乗。先行集団からリズム良く運び、直線は力強く抜け出した。「前走は逃げましたが、今回は3番手で力まずにのびのび走ってくれました。その分でしまいの脚がたまり、はじけてくれました」と振り返った。

5月13日から今月11日まで30日間の騎乗停止を終え、17日に復帰。先週は勝ち星を挙げることができなかったが、実戦に戻って22戦目で復帰星となった。