NGT加藤美南への誹謗中傷書き込んだ容疑者を逮捕

NGT48は20日、公式サイトで、メンバーの加藤美南(20)に対するSNSのダイレクトメールに誹謗(ひぼう)中傷の書き込みを行った容疑者が、このほど警視庁に逮捕されたことを公表した。

発表によると、加藤のSNSのダイレクトメールを通じて、危害を加えるなどのメッセージが送られていたといい、運営会社のAKSが警視庁に被害の相談をしていたという。関係者によると、5月中旬頃に書き込みが行われ、6月下旬に逮捕に至ったという。

加藤以外のメンバーへの誹謗中傷も相次いでいるといい、AKSは「他のNGT48メンバーに対するSNSやインターネット上における脅迫、誹謗中傷におきましても、現在、警視庁へ随時ご相談をさせていただいております。所属メンバーに対しては、SNS等における、脅迫、誹謗中傷等の書き込みやメッセージが送られてきており、メンバーの安全が脅かされ、精神的にも傷ついている状況でございます。当社としましては引き続き、このような誹謗中傷等に対して、刑事・民事問わず、厳正に対処して参ります」としている。

同グループをめぐっては、昨年12月に元メンバーの山口真帆(24)に対するファン2人の暴行被疑事件を契機に騒動が広がった。5月には、荻野由佳(20)に対して誹謗中傷する紙を報道機関などに送信し脅したとして、新潟県警が男性を脅迫の疑いで逮捕する事件も発生していた。

加藤は同騒動の中、SNSへの不適切投稿がきっかけで、5月21日付で研究生に降格する処分を受けていた。