報ステ復帰の富川アナ、出演続行は「判断間違った」

新型コロナウイルスに感染し自宅療養を続けていたテレビ朝日富川悠太アナウンサー(43)が4日、メインキャスターを務める報道番組「報道ステーション」(月~金曜午後9時54分)に出演し、番組復帰した。

富川アナは、4月9日以来約2カ月ぶりの出演となった。番組冒頭で「新型コロナウイルスに感染しましておよそ2カ月間休ませていただきましたが、本日より番組に復帰することになりました」と神妙な面持ちで報告。そして「感染拡大の防止を呼び掛けていたにも関わらず、番組内で私を含めて5人の感染者が出てしまいました。改めておわび申し上げます」と謝罪した。また「視聴者の皆さまからもお叱りの声をいただきました。1つ1つ真摯(しんし)に受け止めております」と語った。

番組では、富川アナの感染前後の行動や発症に至る経過をパネルを用いて詳細に説明。一時発熱後、熱が下がったことを理由に出演を続けたことが問題視されたが、この点について「短時間とはいえ、2日で2度も38℃代まで熱が上がってしまった。正確に報告せずに番組に出演を続けてしまいました。この判断は間違っていたと思います」と語った。

同番組では5人が新型コロナに感染した。当時の制作現場の状況について、チーフプロデューサーらと近い距離で打ち合わせなどを行っていたことに合わせ、報道フロアが過密になっていたことなどを説明。この反省を踏まえ、現在打ち合わせはテレビ電話に変更されており、スタッフも出社組とテレワーク組に分け、接触機会を減らしているという。

番組内ではチーフプロデューサーのコメントを森川夕貴アナ(26)が代読。「今回、自分を含む複数の感染者を出したことについて、全国的に感染が拡大する中、感染防止策が後手に回ってしまった部分が少なくありません」。富川アナから体調について相談があったにもかかわらず、休ませる判断ができなかったことについて「責任者として猛省しております」と伝えた。

富川アナは4月9日まで同番組に出演。同10日には息苦しさを感じるなどして入院し、同11日に新型コロナウイルス陽性と診断された。

富川アナの復帰は先月29日に同局が発表。当面は木、金曜のキャスターを担当し、月~水曜に関してはフィールドリポーターとして取材活動を行うとし、富川アナは「復帰に際しては、初心に戻ってニュースに地道に向き合いたいと考え、現場取材にも携わらせていただきます。視聴者の皆様から電話やメールでいただいたお叱りの言葉を、これからの仕事に必ず生かして参ります」などとコメントしていた。

今後はフリーアナ徳永有美(44)と小木逸平アナ(46)が月~水曜、富川アナと森川アナが木、金曜のメインキャスターを担当する。