勘九郎&七之助会見「待ってました!」を待ってます

中村勘九郎(38)中村七之助(37)が7日、オンライン会議システムZoomで、「歌舞伎生配信特別公演」(18日午後1時と19日午前11時、東京・浅草公会堂から配信)の会見を行った。

劇場舞台を使った歌舞伎生配信は初めて。掛け声のきっかけをつくったり、カメラ4台で臨場感のある映像を目指すなど、新しい試みに挑戦する。

演目は「猿若揃江戸賑(さるわかそろうえどのにぎわい) 厄祓浅草祭」。舞踊「お祭り」を基に、新しく構成した。「お祭り」は、観客から「待ってました!」の声が掛かり、役者が「待っていたとはありがてえ」と応じる場面が見どころの1つ。会場は無観客だが、演出の一部として「大向こう」と呼ばれる、見せ場で声を掛けるプロが実際に声を掛ける。

勘九郎は「劇場では勇気がないと声を掛けられないけど、家ならできます。大向こうさんの声がきっかけになって、『待ってました!』の書き込みをしてもらいたい」、七之助も「書き込みが楽しみ」と期待する。

ほかに勘九郎の長男勘太郎、次男長三郎、中村鶴松が出演する。

料金は3000円。イープラス「Streaming+」、チケットぴあ「PIA LIVE STREAM」で配信するほか、海外用チケットの販売もある。